本文へスキップ


一般財団法人 同仁会とは

同仁会は、千葉大学医学部附属病院の中で様々な公益活動を展開する法人です。

同仁会の設立目的は、千葉大学における医学の研究を奨励助成し、同時に附属病院の患者に対する支援を行うと共に利便性の高い療養空間を提供し、且つ、職員学生の学事研修等に便宜を与え、もって医学の振興と社会文化の向上に寄与することです。

この目的を達成するために次のような事業を行っています。

  1. 医学研究の奨励および助成事業
    医学研究および発表の場である各種学会に、開催費用等の援助を行っている。
  2. 大学病院運営助成事業
    大学の要請に従って事業協力を行う等、病院運営に寄与する事業を積極的に行っている。
  3. 患者支援事業
    眺望の良い病院最上階にあります図書室、食堂の運営を行う等、癒しの空間作りに努めている。
  4. 入院患者用食事供給事業
    栄養の研究及び調理技術の研鑽の努力を行いつつ、喜ばれる患者食を目指して、入院患者への食事の供給を行っている。
  5. 職員及び学生に対する福利厚生事業
    職員学生食堂の運営を行い、低価格で栄養面にも考慮した食事の提供を行っている。
  6. 大学病院からの委託事業
    病院からの委託を受け看護助手、病歴室管理業務等の業務を行っている。
  7. 入院療養に必要不可欠の諸施設の便宜の供与事業
    売店、理容室等の運営を行い、院内生活の利便性の向上を目指すと共に、院内唯一の憩いの空間作りに努めている
  8. 銀行代理業、銀行代理業に係る業務
    患者及び職員学生に便宜を図るため、病院内簡易郵便局の管理運営業務を行っている。
  9. 保険薬局事業
    院外処方箋を取り扱う保険調剤薬局の業務を行っている。
  10. 施設警備に係る請負事業
    患者及び医学部・病院に勤務する職員の駐車場整理業務を行っている。
  11. 研修医宿舎管理運営事業
    研修医宿舎の建設を行い、管理運営業務を行っている。
  12. その他、目的を達成するために必要な事業

設立までの経緯

財団法人同仁会は、昭和6年12月14日民法第34条の規定により、文部大臣の認可を得て設立されました。

然し乍ら、その前身は遠く130余年の過去に遡る歴史があります。現在の千葉大学医学部附属病院の前身である県立千葉病院が明治21年4月に設置され、ほぼ同時期に、学用及び施療患者の保護と慰藉を目的として、貧窮患者救済会設立されたことが同仁会の起源となっております。

設立当時は、学用患者・施療患者の分娩の際に初衣を贈る程度の、小範囲の事業を行っておりました。その後各時代の要請に応じて、医学の奨励と助成事業、看護婦の養成と派遣事業、患者及び職員学生に対する便宜の供与事業、病院助成事業等を順次実施して、設立目的達成に努めて参りました。

この間の大正12年4月に行われた官制改正により、県立千葉病院が千葉医科大学附属医院となるに及び、貧窮患者救済会から金7,238円86銭5厘を基金として引き継ぎ、『学用患者の保護及び慰藉。看護婦及び傭人の慰藉。入院患者の便利と認める事業経営』を目的として財団法人救済会が設立されました。

この時代の特筆すべき事項として、院内の看護婦不足が上げられます。正規看護婦は、医師の診療介助に追われ、施療患者の身の回りの世話まで手が回らないのが実状でした。この看護婦不足を解消すべく、大正13年に当会は、独自の立場で看護婦の養成を行い、院内の看護婦不足の解消の一助となりました。この事業は、昭和7年には千葉医科大学附属医院同仁会看護婦養成所として学内に位置づけられ、学内の協力を得つつ昭和21年まで継続され、年々20名の看護婦が養成されて行きました。

又、昭和5年には、山梨県富士山麓の山中湖畔に7,800坪の土地と建物を取得し、ここに夏期診療所及び学生寄宿舎を置き、運営を千葉医科大学に一任することによって、医学生の福利厚生と医学の奨励に貢献した事も大きな事業と言えます。更に、この土地建物は、昭和26年には千葉大学医学部に寄贈される事となります。

この当時の社会情勢の変化は目まぐるしく、時代の要請に応じて行く為には、当会自体も旧来の事業目的を一新して、新たな事業展開を行う事の必要性が高まってきた事から、昭和6年12月に、財団法人救済会から金57,350円25銭を基金として引き継ぎ、事業目的を『入院患者に救恤を行い且つ千葉医科大学の学事の奨励と職員学生に便宜を与える他必需品の供給並びに労務の供給を行う』こととして、財団法人同仁会が設立されました。

その後、二度の新病院落成と言う慶事を経験し、事業を発展させつつ現在に至っておりますが、太平洋戦争、学生運動、オイルショック等の時期は、事業環境が激変し、事業の縮小または中断を余儀なくされた時期もあり、また新病院の落成によって事業が大幅に拡大・充実した時期もありました。

平成22年4月1日一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律第45条の規程に基づき、千葉県知事より財団法人同仁会から一般財団法人同仁会として認可を受け移行致しました。

それぞれの時代に、職員が心を一つにして一致団結し、当会の設立目的達成の為に努力してきた事が、現在に結実しているものと考えます。

事業の変遷と社会状況

年号(西暦)  財団関係 社会状況 
明治21 1888
  • 貧窮患者救済会(同仁会の前身)創立
大正2 1913
  • 患者に対する日用品の販売開始
大正12 1923
  • 財団法人救済会設立
  • 関東大震災 
大正13 1924
  • 看護婦養成開始
大正15 1926
  • 健康保険法施行
  • 天皇崩御昭和と改元
昭和5 1930
  • 山中湖畔に土地建物を取得、夏季診療所及び学生寄宿舎を開設
昭和6 1931
  • 千葉医科大学附属病院同仁会 設立
昭和14 1939
  • 新病院内に売店、食堂、事務室開設
  • 第二次世界大戦勃発
昭和15 1940
  • 職員・学生・生徒給食実施
  • 理容室開設
  • 日用品販売中止
  • 職員食堂閉鎖等事業縮小
  • 日独伊三国同盟成立
  • 紀元2600年式典挙行
  • 蘇我今井地先海面埋立開始
昭和20 1945
  • ポツダム宣言受諾、第二次世界大戦終了
昭和21 1946
  • 日本国憲法公布
昭和22 1947
  • 学校教育法6334制施行
  • 日本国憲法施行
昭和24 1949
  • 千葉大学医学部附属病院 同仁会と改称
  • 機構改正
  • 専任理事制採用
  • 無料職業紹介所開設
  • 入院患者、看護婦、職員生徒の給食業務開始
  • 湯川秀樹ノーベル賞受賞
昭和25 1950
  • 習志野分院で患者給食開始
  • 習志野分院に売店開設
  • 本院地階に理容室移転
  • 年齢計算が満年齢になる
  • 千円札発行
  • 公職選挙法施行
  • 朝鮮戦争勃発
昭和26 1951
  • 同窓会館建設に出資し、管理運営を行う
  • 洗濯部開設
  • 木工部開設
  • 医薬品販売業廃止
  • 山中湖畔の土地、建物を医学部に寄贈/法人税法改正により当法人も課税対象となる
  • サンフランシスコ講和条約
  • 日米安全保障条約調印
  • 川鉄千葉製鉄所起工式
昭和28 1953
  • 付添婦の無料職業紹介所を、認可の上、実費紹介所に変更
  • NHKテレビ放送開始
  • 朝鮮休戦協定調印
昭和29 1954
  • タクシーの斡旋を開始
  • 同窓会館の建物、設備、器具を医学部に寄贈
  • 名称改正「財団法人 同仁会」と称する
  • 厚生年金保険法施行
昭和30 1955
  • 血液銀行を開き保存血の取扱業務開始
  • 森永ヒ素ミルク事件発生
昭和31 1956
  • 加曾利の旭養護園を買収、同仁会病院(内科、外科)を開業
  • 日ソ国交回復
  • スエズ動乱勃発
  • 日本、国連に加盟
昭和33 1958
  • 同仁会病院を休業
  • 血液銀行を閉鎖
  • 京葉病院(川鉄病院の前身)を開業
  • 病院の要請に基づき、同仁会薬局を開設
  • 関門トンネル完成
  • 国民健康保険法公布
  • 一万円札発行
  • アメリカ、人工衛星第一号打ち上げ成功
昭和36 1961
  • 病院の要請により、基準寝具の取扱業務を開始
  • 習志野分院の本院統合により、事業を閉鎖
  • 病院の基準看護実施に伴い院内付添婦の斡旋事業を廃止
  • 同仁会三十年の歩み刊行
  • 稲毛海岸埋立開始
  • 東独、ベルリンの壁構築
昭和38 1963
  • 売店、食堂の拡張及び喫茶室の新設等の大規模改装を行う
  • 千葉市庁舎完成(長洲)
  • 国鉄千葉駅移転完成
  • ケネディ大統領暗殺
昭和39 1964
  • 看護学校生徒に対する奨学金の貸与制度を開始
  • 出洲海岸埋立開始
  • 加曾利貝塚大発掘調査開始
  • 東京オリンピック開催
昭和40 1965
  • 大学病院に臨床医学研究費750万円寄付
  • ベトナム戦争勃発
昭和41 1966
  • 大学病院に臨床医学研究費200万円寄付
  • 祝日、敬老の日・体育の日新設
  • 幕張海岸埋立開始
昭和43 1968
  • 加曾利同仁会施設を利用し、保育園を開設
  • 小笠原諸島返還
  • 郵便番号施行
  • 川端康成ノーベル賞受賞
  • 三億円事件
昭和46 1971
  • 経営合理化のため電算機導入
  • 沖縄返還協定調印
昭和49 1974
  • 加曾利保育園廃止
  • 学校法人桐葉学園開設
  • ルバング島で小野田少尉救出
  • 佐藤元首相ノーベル平和賞受賞
昭和53 1978
  • 新病院完成に伴い、旧病院より移転、事業を継承
  • 新東京国際空港(成田)開港
昭和54 1979
  • 簡易郵便局開設
  • 韓国朴大統領暗殺
昭和58 1983
  • コインランドリー業務開始
昭和60 1985
  • 職員食堂新装開店
  • 病院案内業務請負開始
  • B1売店に生花店開業
  • 筑波科学技術博覧会開催 
昭和62 1987
  • 3F売店現在地に移転
  • ラメール新装開店
  • 国鉄民営化でJRとなる
平成元 1989
  • 駐車場整理業務開始
  • 天皇崩御、平成と改元
平成3 1991
  • 検体、洗濯物、滅菌物等搬送、手術部補助業務請負開始
  • 病歴室カルテ出入等業務請負開始
  • 1月、湾岸戦争勃発
  • 12月、ソ連崩壊(独立国家共同体と成る)
平成4 1992
  • 千葉市政令指定都市
平成5 1993
  • 行政指導により、同仁会薬局が大学病院構外へ移転
  • ベッドメーキング業務請負開始
平成6 1994
  • プリペイドカード式テレビ(床頭台付)業務開始
 
平成7 1995
  • B1売店にクリーニング店を開業
  • 兵庫県南部西地震
  • 地下鉄サリン事件 
平成10 1998
  • 洋風レストラン新装開店
平成11 1999
  • 職員食堂新装開店
  • 地下1階に同仁会サービスセンター開設
  • 地域振興券交付
平成12 2000
  • 和風レストラン新装開店
  • ベッドセンター運用業務請負開始
  • 介護保険制度開始
  • 二千円札発行
平成13 2001
  • 看護助手業務請負開始
  • アメリカ同時多発テロ
平成16 2004
  • 時間外外来受付業務請負開始
  • アテネオリンピック開催
  • 新潟県中越地震発生
平成18 2006
  • 外来患者用立体駐車場の建設を行い、千葉大学へ寄付する
  • ワールドベースボールクラシック開催
平成20 2008
  • 新病棟「ひがし棟」完成に伴い、コンビニエンスストア(ampm)、コーヒーショップ(タリーズコーヒー)、展望レストラン(ヴァンセーヌ)、図書閲覧室を開設
  • 北京オリンピック開催
  • 中国製餃子食中毒事件発生
  • 金融危機(米リーマンブラザーズ破綻)
平成21 2009
  • レジデントハウス(レジデンス亥鼻)竣工、研修医宿舎事業開始
  • 黒人初、米大統領就任
  • 定額給付金交付
平成22 2010
  • 千葉県知事より認可を受け「一般財団法人同仁会」に移行する
  • 亥鼻地区厚生福利施設1階に、いのはな学生食堂開設
  • サッカーW杯南アフリカ大会日本決勝T進出
  • 小惑星探査機「はやぶさ」帰還
平成23 2011
  • 病棟「にし棟」12階にカフェテリア(12階のパン屋さん〜Hana*〜)開設
  • 病棟「ひがし棟」1階にコンビニエンスストア(ローソン)開設
  • 東日本大震災発生
  • サッカー女子W杯ドイツ大会日本初優勝
平成24 2012 
  • 総合案内業務、病院へ移管
  • 看護助手業務、病院へ移管
  • ロンドンオリンピック開催
  • 東京スカイツリー竣工
平成25 2013
  • 患者給食業務、受託終了
 
平成26 2014
  • 千葉大学病院新外来診療棟完成
  • 消費税率が5%から8%へ引き上げ
平成27 2015
  • 外来診療棟1階にコンビニエンスストア(ローソン)開設
  • いのはな学生食堂、地下1階売店、サービスセンター閉店
  • 職員食堂「フォレスト」新装開店
  • ラグビーW杯で日本が歴史的勝利
  • 北陸新幹線開業
  • マイナンバー通知開始
平成28  2016
  • 12Fカフェ「Hana」閉店
  • 「ポケモンGO」の世界的流行
  • リオ五輪 男子400メートルリレーで初の銀メダル獲得

平成29  2017
  • 展望レストラン(ヴァンセーヌ)、外来レストラン(桔梗)閉店
  • いのはなテラス1階ベーカリー&レストラン「キッチンぴなこ」開設
  • 病棟「にし棟」3階にサテライト ローソン、医療品売店リニューアルオープン
  • 病棟「ひがし棟」1階ローソン、 タリーズ閉店
  • プリペードカード式テレビ(床頭台付)・ランドリー業務終了
  • 米国、トランプ大統領就任
  • 将棋 藤井四段、29連勝で30年ぶりに最多連勝記録を更新

バナースペース

一般財団法人 同仁会

〒260-0851
千葉市中央区矢作町748番地1

TEL 043-227-5920
FAX 043-224-7062